PMDDと闘うアラフォー女の日記

29歳でPMDDを発症。認知度の低いPMDDを広めるべく私の症状や思いについて書きます。このブログが少しでも誰かの役に立つことを願っています。

PMDD 不調のサイン

f:id:non1982:20190305101224j:image

こんにちは!nonです😊

本日もブログをご覧いただきありがとうございます🙇‍♀️

 

久しぶりのブログ更新です。

ここ最近、風邪だったりPMDDの症状だったりで寝込んでおりました💦

 

今日は、そんなPMDDの症状が現れる前の

「不調のサイン」

について書いていこうと思います。

もちろんこれは私の場合ですが、1つの例として参考にしていただけたら幸いです✨

 

PMDDの症状が現れる時期について】

2つ前のブログに書いた内容と重複しますが、症状が現れる時期にはかなり個人差があります。生理開始の7日前の方もいれば、3、4日前、中には排卵期から始まる方もいます。実際、私も症状が現れる時期は月によって違います。つまり、

 

「毎月の体調が読めない」

 

のが辛いところなのです…(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)えーん

 

が!!

 

「ん?何か自分おかしいぞ!?」

 

という不調のサイン、症状が出る前兆があります。

 

それをいくつか挙げていきたいと思います🎵

 

【不調のサインあるある】

❶大好きなものがあまり楽しくない

  →私にはひとり旅、サッカー観戦、ライブ、YouTubeなどの趣味があるのですが、症状が現れる前はこれらをあまり楽しいと思えません。

 

「楽しくない」まではいかないんです。

   ↑ここポイント( ͡° ͜ʖ ͡°)☆

 

楽しくないと思えてしまったら、私の場合それはもう症状がバリバリ出ている証拠。

 

「な〜んかあんまり楽しくないな…」

 

という感覚になるのがポイントです。

 

❷得体の知れない胸さわぎ

  →これは言葉にするのが非常に難しいのですが、

 

  なんとなく「いや〜な感じ」

 

心にモヤモヤしたものが徐々に広がってくるというか…晴れていた空に段々と雲がかかっていく感じというか(-_-;)

 

理由もなく心がソワソワ、ザワザワして落ち着きがなくなります。これも要注意。

 

❸会話のときに目をそらしてしまう

  →私の場合、PMDDの症状で

 

「誰にも会いたくない」

「人混みが怖い」

 

というものがあります。

 

その前兆なのでしょうか。

家族や友人、店員さんなどと話す際に目をそらすようになりがちです。ひょっとしたら、心のどこかで自分の姿を見られたくないと思い始めているのかもしれません。

 

 

以上、PMDDの症状が現れる前のサイン3つを取り上げてみました。

これらはあくまでも私の場合ですが、皆さんにもぜひ皆さんなりの不調のサインを感じ取っていただけたら幸いです。

 

不調のサインがわかることは、

 

「その後の症状を悪化させない」

 

ことに大いに役立ちます。

 

私は上に挙げたようなサインを感じたら

  ・無理せず休む、寝る

  ・人の多い場所に行かない

  ・できるだけ静かな場所で過ごす

 

など自分なりの対策をとっています。

 

ちなみに…

私は自分のサインを自覚するまで、発症してから6年ほどかかりました💦

 

もっと早くわからなかったのかな…?という気持ちもありますが、その分今は自分の病気を客観視できるようになったのだと捉えています。

 

時間はかかったけど、今は病気と上手いこと付き合えているのかななんて思っています✨

 

本日はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

今日もこのブログが誰かの何かのきっかけになりますように✨

切実な願い

f:id:non1982:20190222104908j:image

今日は猫の日なので我が子たちの写真を…

 

こんにちは!nonです😊

本日もブログをご覧いただきありがとうございます🙇‍♀️

 

生理約1週間前、バリバリ不安定期の私ですが、ありがたいことに今月は比較的安定して過ごせています。突発的にイラッとしたり悲しくなったりという瞬間はありますが、幸い早めにおさまってくれています✨

 

さて、今回はPMDDの認知度という点についてお話してみたいと思います。今回は、私がTwitter、そしてこのブログを始めたことに大きく関係する話題です。

 

皆さんはこれまで、Twitterやブログなどのネット上以外でPMDDの方と会ったことはあるでしょうか??

 

残念ながら…

私はありません( ;∀;)サビシイ

 

ありがたいことにTwitterでは何人ものPMDDの方と繋がることができましたが、リアルで会って「私も同じだよー!」という人には遭遇したことがありません。(もちろん相手の方が話していないだけという可能性も十分あるのですが)

 

また、信頼できる身近な人に自分の病気について話したときの反応…

 

「そんな病気知らなかった!」←ほぼ100%

 

そう、PMDDは非常に認知度が低いのです。

 

それにはいくつか理由があります。

以下、私が思う認知度が低い理由2点です。(あくまでも私の考えです)

 

①有病率が低いこと

    →Wikipediaによると、日本での月経前症候群PMSは5.4%、対する精神障害としての月経前不快気分障害PMDDは1.2%の有病率だそうです。これは4年ほど前の資料のようですが、この数字からもいかにPMDDの割合が少ないかお分りいただけると思います。

 

②生理に関することなので話しづらい

  →女性の皆さんは友達と頻繁に生理の話をするでしょうか?もちろん気心知れた友達になら、

「今日2日目で辛いんだよねー(;´д`)」

とか話すこともあるかと思います。

 

では、生理からなる「精神疾患」の話となるとどうでしょうか…??

 

やっぱり話すかどうか、ちょっと考えてしまいませんか?(私は親友に打ち明けるまで時間かかりました)

 

ましてそれが男性に対してとなるとどうでしょう。さらにハードルが上がるのではないでしょうか?

(私は腐れ縁の男友達1人にだけは打ち明けました。以前の職場ではとても男性社員には打ち明けられず…)

 

 

「生理」と「精神疾患

この2つが関連する病気があるなんて、私も自分がなるまで全く知りませんでした。

 

認知度が低い分、自分がPMDDとは知らずに悩み苦しみながら生活してる女性はまだまだたくさんいると思います。

さらに、有病率や認知度の低さからなのでしょうか、PMDDの当事者をサポートするような活動、グループ等が盛んではないことも事実です。

 

「こういう病気があることを少しでも知ってもらいたい。そして同じように悩む人をサポートするような活動がしたい」

 

私はそのような思いからTwitter、ブログ始めました。もちろん日常的なこともつぶやきますが😌

 

私自身もまだ闘病中の身。

自分に何ができるのか、どれほどの力があるのかはわかりません。

本当に微力かもしれません。

それでも、私は自分の病の経験を、誰かに発信していきたいです。それが誰かの何かのキッカケになることを願って。

 

PMSPMDDがもっと世間に広まり、男女問わず少しでも理解が広まる世の中となることを切実に願っています。

 

本日はここまでです☺️

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

PMDDってなに?

f:id:non1982:20190215122844j:image

こんにちは!nonです😊

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

今日はPMDDについて真面目に語ってみたいと思います(いつも真面目に書いてますが😅)

 

まずPMDDについてお話する前に…

皆さんはPMSという語を聞いたことがあるでしょうか?これは日本名では月経前症候群といい、名前は知らなくとも月経のある女性であれば多くの方が経験されていると思います。

 

例えば、女性の方は生理前に以下のような症状はないでしょうか?(個人差あり)

 

・イライラする   ・憂うつ感がある

・下腹部がなんとなく痛む、お腹が張る

・食欲が増す     ・肌が荒れる

・乳房が痛む     ・体がむくみ、体重が増える

・肩こり   ・めまい    ・頭痛    ・体のだるさ

 

人によって症状はさまざまですが、生理前のこれらの症状は月経前症候群といい、生理が開始する7日前ぐらいから始まり、生理が開始すると徐々に軽くなったり消失したりすることが多いです(期間についても個人差はありますが)

 

女性ならおそらく多くの方が経験しているでしょう…

 

「あ〜生理近くなってきたなあ(´Д` )ハァ」

 

というあの感じです。

毎月悩ましいですよね( ;∀;)

 

では、対する本題のPMDDについて。

PMDDは日本名で月経前不快気分障害といいます。

 

そう、「不快  な  気分」なんです。

 

PMSとの違いは、上記のような身体症状に加え、精神症状がとても強く出るという点(学校、仕事、家事などの日常生活に支障をきたすレベル)

 

精神症状といってもさまざまですが、例えば以下のようなものがあります(※は私が特に強く出る症状)

 

抑うつ感、不安感※

 

・自己卑下、自己無価値感(私なんて生きていても意味がない、私なんて誰にも必要とされてない…)※

 

・情緒不安定(突然理由もなく悲しくなったり、涙が止まらなくなるなど)※

 

希死念慮(死にたい、消えてしまいたい←私は死にたいよりも、誰にも知られずひっそりと消えてしまいたいと思ってしまいます)

 

・パニック

・焦燥感

・自分を制御、コントロールできない※

・他人の言動に敏感になる※

・攻撃的になり、些細なことで口論してしまう

 

私の経験からですが、抑うつ感は具体的に無気力、興味意欲の消失などを感じます。また、体が非常に疲れやすいなどの症状も多くあります。

 

これはPMDDの本にも書かれていたことですが、PMDDはいわば

 

「生理前に現れるうつ病」です。

 

うつ病と違う点は、症状が出る時期が生理に関係するホルモンバランスと大きく関連しているということ。症状としてはうつ病と同様なのだそうです。

 

しかし、女性にとって身近な疾患であるにも関わらず、PMDDは世間的にとても認知度が低いのです…

( ;∀;)カナシイ

 

次回はその認知度について詳しく語っていきたいと思います。

 

最後に

長くなってしまいましたが…

 

今回の内容が「私も(もしくは身近な人)PMDDかも!?」という何かのキッカケになれたら幸いです🍀

また、「へえ〜こんな病気があるんだ」と少しでも何かを感じてくだされば大変嬉しいです。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

 

 

自分のこと②

f:id:non1982:20190211133406j:image

こんにちは!nonです☺️

本日もご覧いただきありがとうございます🙇‍♀️

今日は前回のPMDD発症までの経緯の続きとなります⬇︎
 
 
パソコンの資格を取得し2年の無職期間を経てようやく見つけた某予備校の受付事務の仕事。
夕方からのパート勤務ではありましたが、教育業界が好きで事務仕事をしたかった私にとっては申し分のない職場でした。
 
この仕事を始めたのが29歳の9月。
 
そして仕事を始めて3ヶ月目の12月に入ってからのこと…
 
人間関係も比較的良好で上手くいっているはずの仕事なのに、朝から憂うつな気分を感じたり、理由もなく職場で泣きたくなるという現象が度々起こるようになりました(実際給湯室のカーテンに隠れて号泣したこともしばしば)
 
でも不思議なことに、元気なときは超元気。
 
でもまた数週間すると抑うつ感、悲しみ、自分には生きている価値がないという思い、死にたいという強い気持ち…いろいろな症状が私を襲ってきました。(←当時はこんなふうに症状をまとめることもできずわけがわからなかった)
 
こんなふうに
 
元気→憂うつ→元気→憂うつ→元気…
 
を繰り返す生活。
 
次回のブログで詳しく書こうと思いますが、PMDDは月経周期が大きく関わる疾患です。
 
でも当時はそんな病気があることさえ知らず、まさか生理によるこんな疾患があるとも思わず
定期的に訪れる「自分が自分でなくなってしまうような感覚」に出口の見えない不安を感じていました。
 
そして仕事を始めて3年目に入ろうかという頃…
 
なんと勤務先の予備校が倒産( ̄◇ ̄;)!!
 
その年はちょうど女の大厄33歳だったのですが…偶然なのでしょうか…
 
追い討ちをかけるように悲劇はさらに訪れました。
 
3年近くお付き合いし、結婚を考えていた彼氏にフラれました💔(好きな人ができたと)
 
 
おいぃぃぃ( ;∀;)!!
この歳でフるなよぉぉ( ;∀;)!!!
嫁にもらってくれよぉぉぉ( ;∀;)!!!
 
 
それからはもうドン底まで落ち込みました…
 
大好きな仕事と恋人を両方失った悲しみと辛さは想像以上に大きく、その影響なのでしょうか…
PMDDの症状がますます悪化しました。
 
今考えると、自分で思っている以上の傷やストレスを心に負っていたのだと思います。
 
新しい仕事、新しい環境、人間関係、恋人とのこと…また、予備校に勤務するもっと前から、自分の心身に大きな負荷をかけてしまっていたのかもしれません。
 
彼と別れる直前、私のPMDDという病気に対して言われた言葉
 
「俺は男だからわからないよ」
(ため息&迷惑そうな顔のおまけ付き)
 
これもひどく心に突き刺さっていました…
 
失恋したことだけでなく、大好きなパートナーに自分の病を理解してもらえなかった辛さ…あのときの感情は今でも忘れません。
 
あれから約4年…
 
今もなお、私はPMDDと闘っています。
 
これが私のPMDDを発症するまでの流れです。
思った以上に長くなってしまいました💦
 
 
この病気に限らずですが、どうか皆さま。
心と身体が壊れる前に、自分を労ってあげてください。
少しでも心身が疲れているなと思ったら、どうか無理をせず休息時間をあげてください…
 
時間的にそんなの無理だよ!という方ももちろんいると思います。でも、どうかご自身の心と身体のサインに、時々意識を向けてあげてください。
 
自分を最初に守れるのはやはり自分です。
 
 
次回はPMDDって何?をテーマに、私の場合の症状も含めて書いてみようと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♀️
 
 
 
 
 

自分のこと①

 

f:id:non1982:20190209231750j:plain

「焼きそば食べたいな…」

 

こんにちは!nonです。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今日は簡単に自己紹介をしてみたいと思います👏

【名前】non (Twitter: non47659489)

【年齢】1982年生まれ

【出身】生まれも育ちもずっと埼玉

【趣味】一人旅(新幹線大好き♡)

               ライブ参戦(ゴールデンボンバー大好き)

               サッカー観戦(大宮サポ⚽️)

               YouTubeを観ること

 

個人的なことに関してはこんなとこでしょうか😅次に、私がPMDDになるまでの経緯を書こうと思います。

 

PMDD発症の経緯について】

20代のとき、私は長いこと塾の講師をしていました。子供が好きで人前に立って教えることが大好きだった私は、公私ともに充実した日々を送っていました。

 

しかしある年の春、パワハラ&セクハラ上司登場_| ̄|○

自分自身も「このまま他の仕事を知らないままでいいのだろうか…」という思いもあったため、思いきって転職することに。(事務系の仕事にも興味があった)

 

しかし、パソコンがほとんどできなかった私を採用してくれる企業もなく…

 

何を思ったのか突然パソコン教室の講師に転職(え?パソコンできないんだよね?)

 

教えながら学べます!という求人広告を見て勢いで飛び込んだのでした😅

若さって恐ろしい!!

 

そこで1年間インストラクターとして働きながらパソコンの資格を取り、改めて事務の仕事を探し始めてやっと見つけた職場(その間2年無職)

 

そこで私は突然PMDDを発症したのでした

 

長いので次に続きます🙇‍♀️

ここまでお読みいただきありがとうございます😊

 

 

㊗️ブログ開設〜!!

皆さん、こんにちは!nonと申します😊
ブログをご覧いただきありがとうございます🙇‍♀️

ブログのタイトルにもある通り、私は現在PMDD【月経前不快気分障害】という精神疾患とともに暮らしています。

29歳の12月に発症して今年で9年目に入ります。
(振り返ると長いもんだなぁ💦)

PMDDという名前を初めて耳にした方も多いのではないでしょう?

そう!ズバリPMDDは認知度がとっても低い疾患なんです😭😭😭


 →友達に自分の病気を打ち明けて言われること第1位「へえ〜そういう病気があるんだ!」_| ̄|○

その現状を踏まえ、もっと多くの人にPMDDという疾患を知ってほしいという思いでこのブログを始めました。

決して「辛さを理解してほしい!」というわけではありません。

こういう病気もあるんだということを心のどこかに留めておいてほしいんです。

すぐ近くに、この病気で悩む人がいるかもしれないから…

そのような方の何かのきっかけになれば幸いです✨

次回は、私の自己紹介とともにPMDDについて詳しく書いていこうと思います✍️


最後までお読みいただきありがとうございました😊